通関という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
これは、今からの時代にとても重要な意味をもつことになる用語です。

というのも、この通関というのは税関に関連する業務です。
現代という時代は、グローバル化華やかなりし時代です。その証左として、みなさんの使っている自動車や、あらゆる工業製品はどのような生産をされているかを見ていくとはっきりと分かります。マイドイン~というのは、何もその国一国だけで、その工業製品を作っているわけではありません。
様々な部品を色んな国から融通してもらって、1つの工業製品を組み立てているわけです。例えば、メキシコはトランジスタ、南アフリカは板金みたいな感じです。これらの物を持ってきて中国や日本で組み立てるわけです。これを俗にグローバルサプライ・チェーンと呼称します。

企業がこのような生産方法を取っている以上、必然的に輸出入はものすごく増えるということです。
従って、税関を通って物品が国をまたごうとした時に、生ずる業務を通関というのです。
この通関というのは、輸出入にかかる税金を収めたり、内容証明をして国内外の流通の許可を得る業務です。

特に日本の通関業務は、ややこしいことで有名で、とかく紙が多いです。
従って、この通関を代行してくれる業者に、今注目が集まっています。この代行業者を通関業者と呼び、書類の作成から、税関との折衝までを受け持ってくれます。
物品のスムーズなやり取りの為にも、代行業者が必要です。